バスケをすれば身長が伸びると言うのは間違い?

シェアする

バスケをすれば身長が伸びる!この噂って嘘?本当?

皆さんも一度は聞いたことがあると思います。

バスケはジャンプしたりと上下に動くことが多いから身長が伸びやすいと言う噂。

しかしこれは本当なのか?ただの噂なのか?真実はどうなのでしょう。

伸長が伸びる事と上下に動く事は関係あるの?

実は身長を伸ばす為には骨を伸ばす事が重要ということは証明されていて、特に骨端線といわれる軟骨部分を刺激する事が大事です。

これには縦方向の刺激がとても大事なので、バスケはぴったりだと言う事で噂が広まったようですね。

しかし刺激するにもダメな方法があります。

それは同じ個所ばかりを鍛えること、必要以上の刺激を与える事です。

これは逆に負担がかかり成長の妨げになりますのでバスケをしているから身長が高くなったと言う事はありません。

全体的に負荷をかけすぎない程度に行うことで上下に動くことは身長が伸びる効果があるといえるのではないでしょうか。

ではどんな運動がおすすめ?

実際人間は運動をしている時は成長ホルモンが分泌されますので、体に負担がかかりすぎないものであればどんな運動でも効果があります。

そこでおすすめなのが縄跳びですね。

普段の生活ではあまり行わない上下の運動を負担をかけすぎずに行えるためとてもいい効果があります。

実は縄跳びはダイエットにもかなりの効果を発揮するとてもお手軽なスポーツなのです。

部活動をしている子供はしっかりとほぐしてケアすることが大事ですが、帰宅部であったりスポーツをしない子供に関しては一緒に縄跳びをしてあげてもいいかもしれませんね◎

シェアする

フォローする