成長ホルモンって身長が伸びるだけ?どんな働きがあるのか調べてみました!

シェアする

成長ホルモンの効果と働きについて考えよう!

成長ホルモンと一言で言っても一体どのようなホルモンなのかよくわかりませんよね?どうすれば多く分泌するのか等の謎を調べてみました!

成長ホルモンとは?

基本的には慎重を伸ばすホルモンですね!

しかし他にも重要な役割があります。

それは代謝です。

体にある物質をエネルギーに変える働きがある為年齢に関係なく大事なホルモンで、子供のころには成長として大人よりも重要な役割があります。

成長ホルモンは下垂体という脳の下部分から分泌され、様々な臓器で行われている代謝を促進します。

成長ホルモンが分泌しなくなる?

脳腫瘍ができてしまった場合に圧迫されて分泌量が著しく低下することがあります。

下垂体はその他たくさんのホルモンを分泌するところなのでここに腫瘍ができてしまうとホルモンの分泌がストップしてしまいます。

これはとても大変な事ですが、それ以上に大変なことがあり、原因が分からないままホルモンの分泌が止まる場合があります。

腫瘍に関しては定期的に人間ドックを受診して早期発見に努めることで大事に至る前に処置することができますが、原因不明で分泌が止まってしまったらどうすることもできません。

まとめ

日ごろから健康のことをしっかり考えて、運動や食事に気を付けることでホルモンも正常に分泌されます。

年齢に関係なく健康に関心をもって生活することが大事ですね◎

シェアする

フォローする