勉強中に眠くなるのはなんで?睡眠によって影響がある?

シェアする

授業中に寝てしまう子供がとても多いのはなんで?

学校から授業中に寝ていると指摘を受けてしまうのはとてもいやですよね。
塾に通わせても全然成績が上がらないのはもしかしたら寝ているから?眠くてしゅうちゅうできていないから?原因をしって日中の眠気とさよならしよう!

日中眠くなってしまう原因は?

授業中や興味のない講習などで寝てしまう子供はとても多いですよね。
でもしっかりと集中して聞かないと態度が悪いと思われてしまいます。

原因を上げてみましょう。

単なる睡眠不足
夜寝る時間が遅く十分な睡眠がとれていない。

睡眠の質がわるい
うるさい環境や電気を付けて寝ている等睡眠の妨げになっていないか。

おなか一杯になるまで食べている
昼食をおなか一杯になるまで食べていないか。

他にも授業が単調すぎる、一回の授業時間が長い、ストレスが溜まっている等様々な原因がありますがすぐに直せることからまず取り組みましょう。

改善しよう!

睡眠不足はリズムが崩れている為決まった時間に寝ることができないのです。
しっかり寝る時間を決めて毎日布団に入ることを継続して行えば自然とその時間に眠くなるようになります。

質の悪い睡眠に関しては環境を変えてあげましょう。
できるだけ家族の寝る時間を早くして全員で寝ることや、部屋をしっかりと用意してあげることで改善できます。

お弁当は物足りないぐらいにしてあげましょう。
しっかりと全部食べておなかがいっぱいになってしまっては誰でも眠たくなってしまいます。
普段からおなか一杯になる前に食事を終える習慣を付けてあげましょう。

まとめ

些細な事で効果が出ることはよくあります。
しっかりと環境を整えてあげる事でメンタル的にもとてもいい効果が生まれますよ◎

シェアする

フォローする