筋トレは身長が伸びなくなる?噂を調査してみました!

シェアする

成長期に筋トレをしすぎると背が伸びなくなるってほんと?

よく成長期に筋トレをしているから身長が伸びなかったという話を聞きますが、果たして本当にそうなのか?この噂の真相を調査しました!

なぜ筋トレをすると身長が伸びないと言われるのか?

筋トレをすると関節や骨に負担がかかり伸びようとしている骨の邪魔になっているのではないかという理由で身長が伸びないと言う噂が広まっているようですね。

確かに成長期でスポーツをしている子供の筋肉が固くなってしまいオスグット病を患ってしまうという話も聞きます。

オスグット病は硬くなった筋肉に骨が耐え切れずはがれてしまう剥離骨折の一種です。

鍛えすぎ、使い過ぎで膝に起きてしまう病気なので、筋トレが原因で骨が伸びないと言っても過言ではないです。

同じ部活で鍛えていても背が高い子がいるのはなぜ?

ズバリ原因を言うと筋トレあとのケアです!

筋トレをする事自体が原因なのではなくそのあとのケアをどのようにしているのかが成長にかかわって来ます。

筋肉は疲労がたまると凝り固まってしまいます。肩こりと同じような状態ですね。

成長期にカチコチの筋肉が全身を覆っていては骨の成長の邪魔になってしまいます。

なので筋トレをした後はしっかりとほぐすようにしましょう。

お風呂でのマッサージ、温まった体でのストレッチ、しっかりとつかれが取れる睡眠が大事です。

ケアをしっかり行えば筋トレは逆に成長を促進する効果があることは科学的に照明されています。

まとめ

筋トレをすると身長が伸びないと言う噂は間違いで、間違った方法で筋トレを続けると成長の妨げになると言う事が正しいです。

しっかりと筋トレのあとのケアをして筋肉のこりをほぐしたりストレッチで伸ばしてあげれば筋トレ中に分泌される成長ホルモンの効果で逆に身長が伸びます。

何事も正しい方法で実践することが大切ですね◎

シェアする

フォローする