子供の心は食事が原因で荒れる?!穏やかな心を取り戻そう!

シェアする

心の在り方に食事は重要という噂を調べてみました!

最近よくニュースでも子供が人を気付つけることや、学校内のいじめ等心が痛むような内容が報道されています。
なぜこのような行動をとってしまうのか、穏やかな子供を育てるにはどうすればいいのか、原因と対策について調べてみました!

食事が大きく関係している?

最近の子供は自分の感情をうまくコントロールできていない等と言う大人の方が多く感じますね。

しかし子供がなぜそのようなことになるのか、実は原因の一つとして食事があげられます。

食事は体を作るだけの役割ではなく、ホルモンや脳、神経等の機関もすべて食事によって作られますので、偏った食事や、ファーストフード等ばかりを食べていては心も体もボロボロになってしまいます。

実際に犯罪を犯してしまった子供たちの傾向には、朝食を取らない、昼食は菓子パンはカップラーメン、夜は肉類がほとんどでかなり偏った食事をしていたそうです。

バランスよく栄養素を取らねければいけない理由

まず有名なカルシウムですが、これは骨を強くするだけではありません。

感情を抑制する役割もあり、しっかりカルシウムを取っていれば些細なことで激昂したりすることはなく落ち着いて過ごすことができます。

他にもジュースなど菓子パンを食べすぎていると低血糖になってしまいます。

低血糖になっていしまうと精神的に不安定になったり、イライラしたりしてしまい、うまく感情表現ができなくなります。

そしてインスタント食品等には亜鉛の吸収を様だげるリン酸塩が含まれており、亜鉛不足を引き起こしてしまい、味覚異常や鬱状態になったりと深刻な問題につながりかねません。

他にも様々な栄養素をを不足させてしまうと精神的に不安定になったり体に異常が出たりしてしまいますので注意が必要です。

まとめ

栄養バランスが心のバランスを整えると言っても過言ではないと思います。

しっかり野菜や魚をまんべんなく食べる事や、糖分の過剰摂取をしないように気を付けて行かないと子供でも大人でも同じように影響が出ます。

摂取が難しければサプリなどを使用してもいいと思いますよ。
特にまだ成長段階の子供にはしっかりと栄養のあるものを食べさせてあげて下さい。

シェアする

フォローする