葉酸の効果とは?

シェアする

葉酸は、妊活や妊娠中、不妊症にも効果を発揮するとても万能な栄養素です。

しかし、どのような効果を発揮するかをしっかりと理解している方はあまり多くないのでは?

そこで、葉酸の効果を調べてみました!

葉酸とは?

水溶性のビタミンB群の一種であり、主にほうれん草・枝豆・ブロッコリーなどに多く含まれます。

細胞の生産や再生を促進する・造血作用・ホルモンバランスの安定などの効果があるため、妊娠中に服用することで、赤ちゃんを形成する細胞のサポートや、ホルモン分泌が穏やかになりスムーズに体が働くことができます。

他にも、胎児にかかる先天性の異常を70%以上の確率で抑えることができますので、妊活中には必ず飲むべき栄養素です。

妊娠以外でも効果があるの?

妊娠中や妊活中の方以外でも、生理痛の緩和やストレスのより乱れたホルモンバランスを整えることで肌の調子を改善するなどの効果があります。

男性が服用することでも、精子の異常を改善することができるため、妊活中に男性にも必須と言ってもいいでしょう。

何でサプリが主流なの?

葉酸は体への吸収率が非常に悪く、しっかり食べ物で摂取していても、吸収される前に排出されてしまうことがほとんどなのです。なので、効率よく摂取できるサプリメントが主流になっています。

そんな万能な葉酸ですが、過剰摂取はあまりよくありません。厚生労働省が成人・妊娠中・老後などで摂取量を定めているため、しっかり守って摂取するようにしましょう。

シェアする

フォローする