食材に使われている有害物質はこうやってとる!

シェアする

何も考えずに買うと体に悪いかも!

売られている食材には様々なものがあります。
その中でも添加物や放射能汚染などの食材を食べ続けていては体に良くありません。

そこで有害物質を取り除くために行う方法を学びましょう。

購入前に表記の確認は必須!

食材を選ぶときに値段ばかり見ていませんか?

値段よりもまずは生産地だったり育った環境をしっかり見るようにしましょう。

しかし輸入品は中々環境まで知ることはできない為国内産のほうが信頼度が高いですね。

そこで表記が大まかになっているものではなく細かく記されているものを積極的に購入するようにしましょう。

オーガニック表記のあるものは有機JAS規格認定の機関期間がきっちり検査している為安全と言えるでしょう。

下ごしらえをしっかりしよう!

葉物であるキャベツや白菜は農薬や害虫に最もさらされている外側の葉は捨てるようにしましょう。

そして使う前は一枚ずつちぎって洗うことで農薬や害虫を綺麗に洗い流すことができます。

ジャガイモやニンジンなどは表面をスポンジでこすり洗いをしてから皮をむくことでくぼみに入り込んだ農薬を綺麗に洗い流すことができます。

バナナは根元に農薬などが溜まる為根本1センチほどは食べずに捨てましょう。

加工食品はお湯を使って洗うことで使われている発色剤やリン酸がはなり落とせますのでしっかり一枚ずつ湯で洗うようにしましょう。

このようにしっかりと有害物質を落とす事で体への害を減らすことができます。

これによって体内環境が改善され健康になりますよ。

シェアする

フォローする