ストレスは放置していると大変なことになる!

シェアする

慢性的にたまるストレスは実は危険!

ストレスは生きていくうえでどうしても切り離せないものです。

そんなストレスに対して半ばあきらめ気味の方はいませんか?

放置してしまうと大変なことになります。

ストレスがもたらす危険

ためすぎたストレスに体が耐えられなくなった時人は大きく変わってしまいます。

代表的なのはうつ病ですね。

しかし他にもたくさんの症状が出てしまいます。

心身症がもたらす症状は、高血圧・気管支喘息・潰瘍性大腸炎・自律神経失調症・円形脱毛症・原発性緑内障等が有名ですが他にもかなりの数の症状が現れます。

緑内障はひどくなると失明にまで陥るケースがある為とても危険です。

そして他にもパニック障害・不安障害等を併発してしまうと社会復帰ができなくなります。

そこでしっかりとストレスがたまる原因を突き止めて正す事、たまったストレスを発散する事を心がけましょう。

解消例としてどうですか?

まず原因として一番多いものは環境です。

会社の環境・家庭の環境・金銭面での環境など様々な事があげられますが、どれもすぐに直せるほど簡単なものではありません。

そこでしっかりとストレスの発散をする事が大切です。

出かける

知らないところまで行ってみましょう!

行ったことのないところは自分のおかれた環境を忘れさせてくれる為知らない土地をただ歩くだけでもかなりのストレス発散になりますよ!

体力に自信があれば登山などとても良いですね!

趣味に没頭する

好きなことに没頭して嫌な事を忘れましょう!

好きなことをしている時は時間の流れが速く感じますよね!これは心身共に非常にいい効果があります。

楽しいと感じる事はとてもいい事ですよ!

会話をする

友人・家族・恋人など周りにいる親しい人にたくさん話をしましょう!

話すことは周りに自分のおかれた環境を知ってもらう事ができる為、不安によるストレスの緩和にはピッタリですよ!

発散することは健康にもいい事です!

ストレスを放置すれば脳の働きも低下してしまいますので、頑張らないといけないときほど一息ついて頑張ればいい結果につながるかもしれませんね!

シェアする

フォローする