オーガニック野菜と普通の野菜の違いはなに?

シェアする

オーガニック野菜はこんな野菜!

オーガニックは体にいい!そんな話をよく聞きますが、実際どのようにいいのか、他の野菜とどのように違うのかを調べてみました。

オーガニック野菜と一般野菜の違い

オーガニック野菜は、化学肥料や禁止農薬を使用せず自然の力を最大限に生かして作られた野菜のことを言います。

安全性に関しても生産条件が有機JIS規格に適合している場所で作られたもので、しっかりと認定を受けている野菜です。

一般の野菜よりも過酷な環境でそだてられる為重量感のあるしっかりとした野菜に育ちます。

その為味が格段においしいです。

そのほかにも健康に良いと言われていて、一般の野菜に比べると抗酸化物質が圧倒的に多い。

抗酸化物質が多いと言う事は、病気の予防・がん予防・老化防止という効果があると言えます。

そして危険性があるとされている農薬や化学肥料を使用していない事と有機野菜を名乗るうえで遺伝子組み換えをしていない事や放射物質を含んでいないと言う事なので安心して食べることができる。

デメリット

一般の野菜に比べて値段が圧倒的に高いです。

栄養素や味から考えると高いことは納得できますが、やはり一般野菜の安さは魅力がありますね。

他にも自然の力が大きくかかわっている為、虫がついていたり、虫食いのあとがあります。

一般の野菜に比べたら形が不格好だったり大小さまざまなものがあります。

安くきれいなものが一般野菜で不格好で高いものがオーガニック野菜という見分け方もできます。

しかし健康を考えるとオーガニック野菜はとても効果的ですので、週に何日かはオーガニック野菜を食べてみてもいいかもしれませんね!

シェアする

フォローする