見られたくない!目の下のクマの原因と対策!

シェアする

目の下のクマってみられたくないですよね。

老けているように見えたり、疲れている印象を与えてしまいます。

そんなクマができないように原因をしっかり知ってから対策していきましょう。

クマの原因とは?

実はクマは1種類ではありません。

大きく分けると黒・赤・茶の三種類存在します。

黒いクマは眼窩脂肪の突出によって影ができるもので、赤はさらにそれがうっ血してできます。

茶色は皮膚の色素沈着が原因です。

眼窩脂肪の突出は主に睡眠不足・疲れなどの体の機能が低下している時に水分を溜め込みできるものです。

疲れがたまると体のいたるところに水分が溜まるのですが、最も目立ってしまうのが目の下と言う事です。

対策として

眼窩脂肪の突出による黒・赤に関しては生活習慣の改善と疲れを取る為のマッサージやストレッチが有効です。

他には体力をつける為にしっかり運動を行うと心身共に健康になっていいます。

そして厄介なのが茶色のクマです。

これはシミのようなものなので中々消えません。

対策としてはシミに効果的な化粧品を使う事と皮膚科に言って薬を処方してもらうしかありません。

未然に防ぐためには、紫外線対策やメラニンの生成を抑える栄養素をしっかりとって対策する事が一番でしょう。

まとめ

目の下は皮膚も薄く症状が出るとすぐに目立ってしまいます。

化粧でカバーをしても中々隠し切れずに困ってしまいますよね。

しかし肌の調子も体の調子と連動していますので健康的な生活とバランスのとれた食事、日々の運動がとてもいい結果をもたらしますよ。

シェアする

フォローする