根強い人気の青汁!その無力に迫る!

シェアする


青汁と聞くと誰もが健康に良いものと連想するほど根強く浸透しているものですね。

でもそもそもどのように健康に良いのか、どんなものが含まれているのか、素朴な疑問を調べてみました!

青汁とは?

青汁は緑葉甘藍や緑葉野菜を絞った汁のことを言います。

昔はそのあまりのまずさにバラエティ番組の罰ゲーム等で使用されていました。

しかし品質改良が進み、大麦若葉・小松菜・ヨモギを使用したものが出てくることによってそのまずさが改良されています。

今では粉末で牛乳やスープと混ぜておいしく飲めるようになった為、その栄養価の高さと簡単に摂取で切ることで健康ブームの火付け役となりました。

なんで緑なのに青汁?

元々日本では野菜のことを青菜と呼んでいた為その名残が残って青汁と命名されているようです。

他にも飲んだ時の後味が野菜独特の青臭さで命名されたとも言われています。

危険な部分もあります!

青汁はカリウム・リン・ビタミンAが多く含まれている為、人工透析を行っている方には症状を悪化させる事があります。

他にもスムージー等の健康飲料がありますが、商品にかかわらず栄養素に危険なものが含まれている事や、今の自分にとって良くない成分が含まれている事があります。

健康に良いという事だけを信じて飲んでしまうと逆の効果が表れることもあるのでしっかり調べてから飲むようにしましょう。

青汁以外に人気のもの

青汁が根強い人気である裏で、同じような健康飲料としてスムージーが話題になっています。

置き換えダイエットで人気が出ていたり、野菜・果物を皮ごと摂取できる事で多忙な方でも簡単に豊富な栄養素を摂取できることでも人気です。

シェアする

フォローする