子供のころから目が悪くなるのは可愛そう!しっかり対策してあげよう!

シェアする

子供の視力ってどうやって気付くの?

子供は生まれつき悪い場合なかなか目が悪いことが分かりません。突然悪くなった場合だと目を細めていたり、やたらと近くで物を見たりと行動で気付くのですが、なかなかわからないことが多いです。

小さいころに視力が低下してしまっては可愛そうですので、視力を低下させないように対策しましょう!

まずはこれ!

ブルーベリーなどの目に言い食べ物!
ゲームや携帯を長い時間見ている子供には目の疲れがでますので、ブルーベリーを食べさせて眼疲労の回復を!

血行を良くしよう!
眼球の血行が良くなれば目の疲れも和らぎ、視力の低下を防ぎます。

目のトレーニングをしよう!
視力回復トレーニングセンターが効果的です。
成長期の子供はしっかりとトレーニングをすることによって視力が回復
したという結果が多いようです。

緑を見よう!
緑にはリラックス効果がある為、目の疲れを癒してくれます。

目のトレーニングって家ではできないの?

家でも行える方法があります。鍛える箇所は毛様体筋という箇所でこれは自律神経の働きで縮んだり、伸びたりします。

近視の場合これが緩まず、伸びたままの状態になってしまうようです。

遠くと近くを交互に見てほぐしてあげたり、遠くの見えないものを見ようと凝視してみるのもトレーニングになりますよ。

他にもたくさん紹介されていますので試してみて下さい。

まとめ

目をしっかりほぐして疲れを取れば視力は回復していきますがドライアイの方は目薬に頼りましょう。ドライアイの方は涙の膜が凸凹になってあまりよく見えなくなります。

なので涙の膜を均一にしてドライアイを防ぐために、薬用目薬を使う事!

シェアする

フォローする